ロープラ!

LOW PRICE PLASTIC MODEL COMPETITION 300円未満低価格プラモ限定コンペ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロープラ!6th

lo6

高騰の一途をたどる模型業界にひっそりと石を投じる
300円「未満」低価格プラモデル限定コンペティション・ロープラ!
おかげさまで第6回!!デフレ時代にぴったりコンペ

こんなプラモやあんなプラモが300円未満!
いや、決して安売り情報ではありません。メーカー希望小売価格です。

さくっと気軽に作れる、お財布にもやさしい素敵プラモたちの発表会。
5月16日(水)より全作品の公開です。

↓作品名 作者名(敬称略)をクリックしていただきますと各作品のページが開きます。
サムネイルをクリックしていただきますと、大きな画像でご覧いただけます。

熊   真キム
LBXエルシオン   真キム
ウルトラセブン   真キム
アイアンフット   @taro913
ロボノイド   イリコ・キューピー
スリーナイン号   政府開発援助
スタンドロボ   OHjiro
ファイター1&2   アイラ
大天馬   アイラ
ゴーダム   真キム
ドム   真キム
ブロック・ヘッド   真キム
レインボーセブン   シツレンオー
油すまし   おおくぼマタギ
吹雪   メロウリンク

ご意見・ご感想をいただけますと各製作者が小躍りして喜びますのでお気軽にコメントを。
またWEB拍手も歓迎いたします。


当コンテンツならびに1st~5thまでの内容とアトランジャーコンペの内容は引き続き常設コンテンツとなります。
お時間に余裕がありましたら是非ご閲覧くださいませ。

これにて全作品公開です。ご参加の皆様ありがとうございました。
「自分も送ったはずなのに公開されていない」という方がございましたら大至急ご連絡くださいませ。

lop701

スポンサーサイト

吹雪   メロウリンク

DSC05673.jpg DSC05674.jpg

DSC05675.jpg DSC05676.jpg

1/700 日本駆逐艦『吹雪』 タミヤ製プラキット

田宮模型製 第7回発売(1971年)『ウォーターラインシリーズNo.29 吹雪』
新発売時定価 ¥100
1994年時 ¥700(税抜)
2012年現在 ¥1200(税込)

タミヤがWLシリーズで、21世紀に入っても発売している艦船プラモでもっとも古いプラモ。
1990年代に新規開発された「兵装パーツ」を付属させてリニューアル。
が、ピットロードが発売している同型艦との出来とは比べようがないほど「古臭い」キットとなっている。
ちなみに説明書には兵装パーツについての記述がなく、制作者が推測で旧パーツと交換して組立しなければならない。

・大日本帝国海軍 駆逐艦『吹雪』について
1928年、舞鶴海軍工廠にて竣工。特型駆逐艦吹雪型のネームシップ。
1943年、サボ沖海戦にて戦没。同年除籍。
なお6番艦が「東雲(シノノメ)」11番艦が「綾波(アヤナミ)」(2つとも某アニメキャラで使用)
26番艦が『奇跡の海』で有名な「雷(イカヅチ)」である。

私のブログで実施している『時代逆行モデリング』(古い艦船プラモを無改造・エッチングパーツ未使用)の第二弾です。
が、キットのままだと「のっぺり」し過ぎているので

・船体両舷の丸窓の再現→ピンバイスで穴開け
・碇パーツをタミヤの「島風」から流用
・張り線を伸ばしランナーで簡単に再現
・艦橋の扉を薄いプラ板の切れ端で再現

という風に、「1970年代風ぽく」手を加えております。
塗装は普通に軍艦色(2)・艦艇色に黒鉄色・白と黒です。

それなりに風格があってカッコいいのですが、90年代に発売された「松」(タミヤ)
最近の「東雲」「綾波」(ピットロード)と比べると流石に見劣りしてしまうのでした・・・・

2012年5月完成

DSC05051.jpg

油すまし   おおくぼマタギ

IMG_0013.jpg IMG_0019.jpg 

IMG_0023.jpg IMG_0026.jpg

NITTO 妖怪シリーズ『油すまし』
この箱での定価は500円でしたが、初版では100円~200円の商品だったと思われるため、レギュレーションクリアとのお達しを頂きましたので投稿しました。

元が'60年代の製品とは思えない程頭部の造形が良かったので、完全に素組みです。
ただ胴体の蓑モールドの方は貧弱で大味なので付属の蓑素材を使う事にしました。

しかしこの蓑素材が少々厄介者で、質感はとてもいいのですが乾燥時期は裾がぶわっと広がってしまってカッコ悪いため先端を木工用ボンドで固めたら、余計みっともなくなってしまいました…

この蓑は多めに入っている(と説明書にも明記されてます)ので、また今度作りなおしてみたいと思います。


それにしてもこの妖怪シリーズは箱や説明書も凝った作りになっているので、組み立てた後も捨てられません。
ランナーにも丁寧に帯が付いているのでそのままとってあります。

童友社からもこの妖怪系図は再販されていましたが、装丁が簡略化されてしまっていたので残念です。
あとこの油すましとからかさは出てなかったかな?

IMG_0029.jpg IMG_0031.jpg

IMG_0036.jpg IMG_0034.jpg

レインボーセブン   シツレンオー

PICT0542.jpg PICT0543.jpg PICT0547.jpg

PICT0550.jpg PICT0552.jpg PICT0555.jpg

使用キット(?) バンダイ 機動戦士ガンダムAGEジョイ ントアクション ノンスケール 価格 一個280円

より タイタス改造レインボーセブン(?)

キット(?)概要
主にPVC・ABSで出来ているアクションフィギュアです、手首が回らない以外はフル可動します。

製作コンセプト
ネット上の一部で流行っている(?)ガンダムAGEのキットを素材に別の物っぽく改造するネタの真似です。
とは言え予算と置き場所の都合で、ジョイントアクションタイタスをベースに レインボーセブンっぽく改造しただけです、、。
頭はジョイントアクションGエグゼス、体は1/144ブロックヘッドを、おゆまる複製した。
手足はタイタスそのまんまです、、。
剣はダイソー0.4ミリ透明プラ板を切って二枚重ねに貼り合わせただけです。

カラーレシピは、MrカラーGXクールホワイト
水性ホビーカラー オレンジ メタレッド メタブルー 黒鉄色
ガンダムマーカー メタグリーン メタブルー
パイロットペイントペン銀
ダイソーアクリル絵の具パールカラー イエロー パープルだったかな。

有る意味、私の初参加の時のマックスビクトリーロボ並みの手抜き作品になってしまった、、。

以上 シツレンオーでした。

ブロック・ヘッド   真キム

b001.jpg b002.jpg b003.jpg

b004.jpg b005.jpg


ニットー1/144ダグラムより
「Xネブラ対応型ブロック・ヘッド」定価\200円

今回は「童友社」より再販されたモノを製作しました。
基本はキットのままですが・・・
肩の付け根・股関節・肘関節・足首にB/Jを組み込んでみました。
膝関節と手首の接続は2mmポリランナーにて
手首は「MSインアクションのシャイニングG」のレジン複製品を使用
ということでほとんど改造はしてませんが結構いい出来なのではないでしょうか?
このシリーズ¥200円にしては出来が良杉ぢゃないかと思いますww
画像では解りにくいですがパイロット(上半身のみ)やコクピットの風防の「クリアパーツもセットされてますし・・・・
当時は熱かったですね~

ドム   真キム

d001.jpg d002.jpg 

d003.jpg d004.jpg

食玩「ザ・ガンダム」定価200円より
MS-09ドム

このキットは「アイラさん」から頂いたモノですw
とりあえず組んでみると結構、出来が良いです
「ドムのキットにハズレなし」という都市伝説?は健在かと・・
販売時期的にMGのフォルム・デティ―ルを参考にしてる感じですが
スッポリ空いてるモモ、二の腕・前腕の内側の肉抜きアナをパテで塞いで
塗装や表面処理の都合で腹部を一度切断して再度接着してる程度です。
手首は「MSインアクションのシャイニングGの拳」をレジンで複製したモノに換えてます
ジャイアントバズは付属のモノがあまりにもしょぼいので「自作も考えましたが
時間的に都合が「つかず今回はオミットしました。
モノアイは携帯デコレーションパーツを使用しました。

ゴーダム   真キム

g001.jpg g002.jpg g003.jpg

g004.jpg g005.jpg

MARKゴワッパー5ゴーダムより
「ゴーダム」
定価(多分)100円

元々はエーダイグリップの?ミニプラモで、80年代に「ガンプラ」のブームに
肖ってマークから再販されたモノだと思います(違ってたらゴメンなさい)
(どこかのサイトでみた箱の画像ではゴーダムの「G」の文字をガ○ダムっぽく強調した
ローマ字タイトルが書かれたような・・・)

今回はオクで箱なし組見立て済ジャンク品?を入手したモノを製作したのでその辺りは不明です(汗

改修前画像を取っておかなかったので文字にて説明。
頭部・・・元は小さ過ぎな気もしたのでパテ盛って大型化
      トサカ?もプラ板から
胴体・・・腕以外は前後貼り合わせで脚とかほぼ一体成型だったので、鋸でばらして、
     肩の付け根・脚の付け根にB/Jを首の接続にPC
     顔の横のトゲ?はプラ板から
     ムネのサイドのダクト?はプラ板で箱組工作
     腹の蛇腹みたいな部分も一度削ってプラ板から再生
腕・・・・肩の円盤?を切り取って別パーツ化。ついでに左右3mmプラ棒で
     脱着して貼り合わが可能に(なんかこういう武器にもできたようです)
     二の腕は自作。肘は市販の可動用パーツ。
     肩の付け根、二の腕付け根にB/J。前腕はキットパーツを改修。
足・・・・足首・モモ・脛をばらしてPCやB/Jで接続
     ただしあまり可動しない(特に膝)
     各部に丸いパーツを市販パーツから作成。

塗装は機体全体を黒から立ち上げた「あずき色」で
黄色い部分はガンダムカラーのイエロー
黒はガイアの徳用ブラック、銀は普通のシルバー

基本、制作時の資料は「ES合金」の画像でしたが・・
細かいデティ―ルや塗り分けははしょったりしました(滝汗)

今回も手抜き・粗が多数ありますが、、
なんとか完成できて一安心です

大天馬   アイラ

tenba01.jpg tenba02.jpg tenba03.jpg

tenba04.jpg tenba05.jpg tenba06.jpg

tenba07.jpg tenba08.jpg tenba09.jpg

マーク製 ヤットデタマン 大天馬

一昨年のロープラ!4THに投稿させて頂いた、大巨神と同じシリーズの大天馬です。
本当は昨年の5thに出したいと思い、一年半以上前に切り刻んではあったのですが、私的な理由で昨年は1年間プラモ作業を自粛しておりましたので、前回は出せませんでした。

本来今年の6thはこいつをメインに仕上げつつ、他の作品をいくつか予定していたのですが、元々の自分の手の遅さを考えずにあちこちのコンペにエントリーした結果締切が重なって押しまくってしまい、先に旧作を改修リペイントした作品をどうにか1つ投稿したものの、当初の締切のGW明けどころか、最終締切だった11日を半日以上過ぎて(書いてる時点で12日の午後です)ようやく完成させる事が出来、すがる思いで投稿させて頂きました。

仮組みとの比較写真も合わせて投稿してますが、正直スクラッチした方が楽だったかも、と思うぐらい全身に渡って手を入れてます。
胴体を1センチ以上幅増ししたのは、当然というか、一昨年製作の大巨神との合体ギミックの為なんですが、現時点ではまだ大巨神と大天馬を繋ぐスペーサーパーツが未完成の為、大馬神状態には出来ません。

こちらは後日、自分のブログで発表したいと思います。

改修ポイントとしては、前述の通り胴体の幅増し。四肢全てを切り離し、延長しつつポーズを変更し、変なドリフコントの馬みたいな体形から、せめてちゃんと馬に見える様にとバランスを調整しました。

キットでは付属していなかった前足中央関節に取り付けた円盤状盾は、バンダイのドラグナー武器セットのスローインボムを筋彫りを埋めてそのまま流用。本体には軸接続になっているので、大馬神時には大巨神の腕に取り付ける事が出来る様にする予定です。

天馬の一番の記号である羽根が、キットのままでは非常に貧弱で残念なシロモノだった為、プラ板を切り出して作成。
たてがみ部分も取り付け位置を削って調整しつつ、0.5ミリプラ板で挟んで大型化してあります。

胴体下部のキャタピラは、SDガンタンクのキャタピラから履帯部分のみを削いで貼付。

各部のデコレーションは、あまりにそのまま過ぎてちょっと浮いてる部分もありますが市販のディテールアップパーツを貼り付けてあります。

今回、とにかく締切に向けて完成だけでも、と突貫作業を繰り返していた為、あちこち非常に仕上げが荒く、自分でもちょっと納得いかない部分が多々あり、これらの反省と教訓を踏まえつつ、いずれこのサイズではなくもう一回り大きいサイズの大天馬、大巨神のキットを作る時にリベンジを果たしたいと思います。

tenba10.jpg

ファイター1&2   アイラ

joe02.jpg joe01.jpg joe03.jpg

joe04.jpg joe05.jpg joe06.jpg 

joe07.jpg joe08.jpg joe09.jpg

joe10.jpg joe11.jpg joe12.jpg

ニットー クラッシャージョウシリーズ 1/144 ファイター1&2

ニットーから発売されていた100円キットです。
最近ではヤフオクなどでは猛烈にプレミア価格がついて取引されている様ですが、5年程前に友人からもらったキットです。

モデラーに出戻ってきてまもない頃に友人からプレゼントされ直後に作ったのですが、何せまだスキルも拙く、塗料なども揃っていない頃だったので、基本的に素組みで墨入れもガンダムマーカーでやっていたほど。
塗り分けもマスキングテープを初めて使ったぐらいで、ところどころはみ出しや塗り忘れなんかもあった状態で保存してあったので、今回一部改修しつつ塗装をしなおし、市販のベースを塗装した物にレイアウトしてビネット風にしました。

改修ポイントとしてはキットでは着陸脚が出た状態のみの設計だったので、着陸脚を切除して、プラ板を成型して収納部を塞ぎました。

他にこれは当時やった事ですがキットでは穴が開いているだけだったエンジン噴出口を市販のバーニアパーツでデコレートし、他に機体側面の姿勢制御バーニアの噴出口も市販パーツで製作してます。

塗装はいつものラッカー筆塗りにエナメルのジャーマングレーで墨入れ。

ベースはたぶんWaveから出てた汎用ディスプレイベースだったと思うんですが、モールドに合わせて適当に塗装して墨入れをし、真鍮パイプでファイター2機をレイアウト。

劇場版クラッシャージョウ本編冒頭のオープニングシーンの、小惑星に突入しているシーンをイメージしたビネットとして製作しました。

5年前に製作したあとは一応mixiに少し貼り付けた程度でほぼ未発表だった事もあり、また今回全面的に塗装をしなおしているので、やや手抜き気味ではありますが、新作として投稿させて頂きました。

ニットーのクラッシャージョウシリーズは、100円もしくは200円の低価格帯キットとして値段相応にディテールをオミットしている部分もありますが総じて出来が良く、最近では中古市場の取引相場も高騰して入手難易度が年々上昇している為、昨年童友社より復刻された同じく日東製のダグラムシリーズの様に、全種でないまでもセット再販してもらえると良いなぁと、切に希望しております。
…とはいえ、ダグラムは30周年記念と言う事に加えて最近模型誌などで取り上げられている事もあって再販が叶いましたが、クラッシャージョウは来年30周年とはいえ、知名度的には難しいかもなぁ…。

スタンドロボ   OHjiro

42_lowpla6_ohjiro_standrobo_01.jpg 42_lowpla6_ohjiro_standrobo_02.jpg 42_lowpla6_ohjiro_standrobo_03.jpg

42_lowpla6_ohjiro_standrobo_04.jpg 42_lowpla6_ohjiro_standrobo_05.jpg 42_lowpla6_ohjiro_standrobo_06.jpg

ロープラ6にも、引き続きロボダッチで参加させていただきます。
自分のブログで「ロボダッチ初期80円4点パックシリーズを全部作るぞ」宣言中。(かなりのローペースですがw)
今回は仕事が忙しく間に合ったのは残念ながらこれ一体のみ。ロボダッチ42号スタンドロボ。当時価格80円。

ロボダッチ。30年以上前のキットですので、さすがに出来は良くありません。
かといって思い切り手を入れようと思うとデザインが単純なだけにスクラッチさえも容易です。
従って改造の落としどころが難しい。
ロボダッチを全部作るに当たっての基本方針は、「顔の統一感を持たせること」と「初版箱絵ベースでつくること」の2点。また迷ったらキットのまま使用してサッサと完成にコギツケルこと。

ロボダッチ42号スタンドロボ。
このロボダッチのポイントは、直角で不自然な腕と何を表現してるのかよくわからない洗車用具の作り直し、それから文字の塗り分けです。

・顔のパーツをリューターで削り、エポパテでこれまでの作品と統一感を持たせた顔にする。
・腕を自然な角度に曲げました。
・キットではクシャッとしてなんだかよくわからないブラシとスポンジを作り直し。

今回間に合わなかった41号 ドライブロボ、43号 工事ロボ、44号 泥棒ロボは引き続き作成しますので良かったらブログへお越しください。http://d.hatena.ne.jp/ohjiro/

ロボダッチ初期80円4点パック全52体のうち、今回のスタンドロボで完成が13体目です。全部作るにはまだまさ先が長いなw

最後に楽しい場所を提供してくださった主催のてんぐどーさんにお礼を。ありがとうございました。次回も是非。

42_lowpla6_ohjiro_standrobo_karigumi01.jpg 42_lowpla6_ohjiro_standrobo_karigumi02.jpg

スリーナイン号   政府開発援助

999_1.jpg 999_2.jpg

スリーナイン号(バンダイ 銀河鉄道999メカコレクションシリーズNo.1)
発売時価格: 100円
現在の価格: 1200円+消費税(同シリーズのメカコレ6種でセット)


初版は勿体無いので再版キットを探しましたが購入した筈のメカコレ6種セットが見当たらず、同じランナーが使用されている6両編成精密モデルの機関車部分を映画版として組み立てることにしました。メッキされている戦闘車両をオミットしましたのでレギュレーション上問題無いと信じます。
製作に関してはキット表面の繊細な凸モールドを活かして丁寧に組み立てることを目標に、少しだけディティールを追加しています(精密さではNゲージに敵うべくも無いので)。工作を容易にする為機関車と一体整形されていた炭水車を一旦切り離し、資料を基に境目をそれらしく新造しました。炭水車内にボタン電池を内蔵しており、光ファイバーと白色LEDによりヘッドランプが無駄に点灯します。
塗装はほぼガンダムカラーのファントムグレー(缶スプレーと筆塗りを併用)のみで行い、凹部にタミヤのスミ入れ塗料を流しています。ヘッドマークとプレートは映画版に準拠したものをMDプリンタで自作しました。

999_0.jpg


ロボノイド   イリコ・キューピー

ロボロイド完成・前 ロボロイド完成・斜め

ロボロイド完成・横 ロボロイド完成・後

株式会社バンダイ製 『未来少年コナン』よりロボノイド

初版:1978年に、ロボノイドを含む4点パックが300円で販売
1個80円でも販売
再販:1984年4月頃に、4点を1箱に同梱して400円で販売
個別の箱の有無・成形色などに違い有り

<キット仕様>
接着剤不要のスナップフィットです。
しかし、今のバンダイからは考えられないほどの、合いの悪さが・・・
可動箇所は、ロボノイドの肩が回転するだけの、完全なディスプレイモデル?仕様です。

<製作>
今回使用したキットは、もちろん!再販品です。
近所の中古ショップで、50%OFFの200円で売られていたのを保護したものです。

素組みでもロボノイドに見えますが、改造して宮崎メカらしさ?を再現してみました。
また、各関節にはポリキャップとボールジョイントを組み込んで、そこそこ動く様に改造してあります。

ロボノイドの改造ポイントは、ボディの大型化と、細くて短かった腕の新造です。
あとは、設定画のラインを変更せずに、関節を組み込む事です。
ダイスは酷かったので、ヒートペンを使って全面改修となっています。
詳細は、ブログを見て頂けると判るかと思います。
http://pramotoy.blog130.fc2.com/

もうちょっと頑張れば、2重関節など仕込めたかもしれませんが、こんな感じで完成となりました。
最後まで見ていただき、有難う御座いました。

ロボノイド仮組 プラモ箱

アイアンフット   @taro913

RIMG0038.jpg RIMG0044.jpg RIMG0025.jpg

RIMG0039.jpg RIMG0042.jpg RIMG0035.jpg

日東化学 太陽の牙ダグラム アイアンフット 当時200円 です。
屋根裏に転がっていたのを引っ張り出してきました。
ちょこちょこっといじってますが、バランスはそのままです。
実は塗装のためにある程度間接をポリキャップに置き換えていますが、
可動を期待していた足はデザインがもりもりしているので
たいして可動しません…。

塗装は、これも屋根裏に転がっていた青5号(ブルートレイン用)をメインの青、
明灰白色。ミサイルポッドは下地に黄色を塗ったモンザレッドで明るめにしてみました。

RIMG0001.jpg

ウルトラセブン   真キム

seven001.jpg seven002.jpg

seven003.jpg seven004.jpg

サントリーBOSSコーヒー付属
「ウルトラマンコレクション」¥120円

より「①ウルトラマン」改造「ウルトラセブン」

ちなみにこの玩具?ですが、、背面にマグネットが装備されており
スチール缶にはりついたまま内蔵されてるプルバックゼンマイで缶の周りを回るという
面白ギミックつきです。
このギミックはそのまま残してますが手元にスチール缶がないのと静止画像では微妙なので割愛。

背面にあるネジを外して・・
頭部、ボデイーをヤスリで削ったりパテを盛ったりして「マン」から「セブン」に(なんとなく)
みえるように改修しました。
アイスラッガーと目はプラ板です。
頭部の表面処理がイマイチでお見苦しいですが・・・・

パッと見、セブンに見えたら幸いですww
多分、第二弾とかで「セブン」出てなかったと思うので勢いで製作してみましたww

seven005.jpg

LBXエルシオン   真キム

danbo001.jpg danbo002.jpg 
danbo003.jpg danbo004.jpg

またまた食玩です。

バンダイ「ダンボール戦記LBXコレクション3」(定価\280円税込でも300円未満)
より「LBXエルシオン」

製品はガム付きの「完成品フィギュア」です。
本体はPVC(ちょっと硬い?ソフビ??)で中のフレーム(首、肩、腰の付け根の関節軸)
はABS製です。

今回は全塗装するため表面処理して、折角なのでメタリックカラーにしてみましたw
工作?としては襟の部分がフニャフニャなのでカッターで切り取ってプラ板で作り直し
二の腕の裏に刻印があったので瞬着で埋めて研磨
付属の武器もフニャフニャだったのでプラ材で自作。

塗装は白い部分を黒→Mr.GXカラーのラフシルバーをエアブラシで
青い部分はガンダムマーカーのメタリックブルーを筆で
オレンジ部分はGマーカーのゴールド」を筆で
赤は同メタリックレッド、緑は同じくメタリックグリーン
黒い部分はガイアのスターブライトアイアンを・・・

ちなみにマントは一度外してそのまんま(瞬着で)再接着しました。

danbo005.jpg

熊   真キム

mojibake004.jpg


バンダイ食玩「文字化ける」(定価\100円)
から「熊」

mojibake001.jpg mojibake002.jpg mojibake003.jpg


ABS素材の玩具がセットになったラムネ菓子(だったかと・・・)
で、漢字で表現されている生き物?に組み換え可変できるというなかなか優れもの

今回はザクッと表面処理して一部(頭部、股関節?、肩の付け根?・・という微妙な部位)
肉抜きアナを埋めましたが(変形?の都合で余剰パーツを収納するため下手にフタはできないという・・・・)ほとんど意味がないという、、、、、

塗装については「熊」つながりでw、、HGベアッガイをオリジナルカラーにした余りの
「メタリックピンク」にしてみました。
あとは爪の部分をホワイトに、、「熊」の漢字になるときの凹み部分を黒に・・・・
のつもりでしたが下の部分を塗り忘れてました・・・・

ネタですいません。

mojibake005.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト ネットキャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。