ロープラ!

LOW PRICE PLASTIC MODEL COMPETITION 300円未満低価格プラモ限定コンペ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニゲッターマシン   メロウリンク

DSC03116.jpg

DSC03119.jpg

DSC03120.jpg

DSC03128.jpg


『ミニゲッターマシン No.1・2・3』
作者名:メロウリンク
使用キット:ゲッターマシンシリーズおまけキット(バンダイ)ノンスケール

■登場作品概要

番組名:『ゲッターロボ』
1974年(昭和49年)4月4日~1975年(昭和50年)5月8日
毎週木曜日19:00~19:30 全51話 フジテレビ系
原作 永井豪&石川賢とダイナミックプロ
製作 東映動画 フジテレビ

ダイナミックプロ&東映動画製作による『マジンガーZ』に続いて製作され、マジンガーシリーズと並んで抜群の知名度を誇るスーパーロボットアニメ作。
メインキャラはそのまま、メカと敵が変わって『ゲッターロボG』が続編として製作・放送された。

未知のエネルギー「ゲッター線」とスーパー形状記憶・変形合金「ゲッター合金」で身を固めた3機のスーパーマシンが、陸・海・空と戦闘に応じて3パターンにチェンジし、スピーディーに繰り広げる戦闘シーン、フジテレビ側プロデューサー別所考治氏の『子供向けアニメと言えども、ドラマ性を重視する』という方針により、『ウルトラマンシリーズ』で人間ドラマを重視した作品を多数手掛けた上原正三氏をメインライターに据え、(上原氏は前番組の『ドロロンえん魔くん』に続いての起用)すでに人気番組だった『マジンガーZ』とは、異口同音ではない作風を打ち出す事に成功している。

スタッフはほぼそのままで、マジンガーシリーズ第3作目『UFOロボ グレンダイザー』 後番組の『惑星ロボ ダンガードA』と続き、『銀河鉄道999』と東映動画はドラマ性の高い良心作を生み出している。

マンガ版は週刊少年サンデー誌にて連載。
当初は『ドロロンえん魔くん』に続いて永井豪氏に連載依頼があったが、多数の連載を抱えていた為、盟友の石川賢氏に設定・執筆が依頼された。

『ゲッターロボG』では掲載誌を変えて連載が続き、完結するが、完全な新作アニメとして製作された『ゲッターロボ號』のマンガ版にて、堂々たるゲッターロボサーガとして完結した。

■各機の特徴

正式にはゲッターマシンでなく、ゲットマシンが正しい。

DSC03136.jpg

DSC03138.jpg


・ゲットマシン イーグル号
ボディカラーは赤。パイロットは流竜馬。
3機合体時に先頭になってロボ形態になると、空戦用ロボ「ゲッター1」となる。



DSC03140.jpg

DSC03143.jpg


・ゲットマシン ジャガー号
ボディカラーは薄い灰色。パイロットは神隼人。
3機合体時に先頭になってロボ形態になると、陸戦用ロボ「ゲッター2」となる。



DSC03145.jpg

DSC03152.jpg


・ゲットマシン ベアー号
ボディカラーは橙色。パイロットは巴武蔵。
3機(以下略)海戦用ロボ「ゲッター3」となる。

■キット概要

放送当時、バンダイ模型から発売されたゲッターマシン3機のミニサイズのおまけとして同封されていた。
メインキットがゼンマイ走行であるが、ミニモデルはコロ走行である。
同時期にこのミニサイズキットを3個セットで¥200で発売された。

なお、駄菓子屋の店頭向けの袋入りキットでバラ売りされたと推測されるが、詳細は不明。
今回、使用したキットは平成期に入っての再販版である。

■製作について

小さいながらも出来は良いので、下面の車輪パーツ用の穴を塞いで形を整えただけ。
が、イーグル号の襟?部分は横に広がり過ぎていて格好悪いので切り詰めてます。
3機の下面の丸いモールドは彫るのに苦労して、数回は直してます。
塗装についてはこれと言って述べる事はありません。

展示に困るので、ベース作りました。ボークスのガレキキットみたいです。
3機の配列はアニメ版のED風にしてます(ようつべとかで確認してみよう!)。

■最後に

石川先生の突然の急死に驚きました。
稚拙な作品ですが、この作品を石川賢先生に捧げます。

■参考資料

・究極プラモデル大全(白夜書房)
・作品内容&機体解説などはwikiを参考に作成しました。

お疲れ様です。

これはディスプレイの勝利ですね。

いつもの「超」解説も楽しく読ませていただきました。何度もへぇボタンおしましたよ。

実は今懐コンの方の参加作品を迷っていて、これの親キットのゲットマシンも候補だったんですけど、この作品にはかないそうにないのでやめておきますw

制作お疲れ様でした。

  • 2009年05月18日月
  • URL
  • OHjiro #YE/cyxYk
  • 編集

解説が・・

凄く「ゲッター」を愛していると感じました。
あ、好きなんですがね~永井ロボ作品・・
そこまで知らなかったというか、、、

作品の方も凄く丁寧に作られてますね~
「駄菓子屋プラモ」?なだけに元の状態は大変なことだったと想像します。
製作、お疲れ様でした。

  • 2009年05月18日月
  • URL
  • 真キム #-
  • 編集

ご無沙汰しております^^

相変わらず丁寧に造られてますね♪
先日、永井豪記念館に行ってきたばかりなので
よけいに熱く拝見させていただきました(^^;

永井豪のメカって、何とも言えない魅力がありますよねぇ・・・
キットのウンチクも興味深く、読ませていただきました

  • 2009年05月18日月
  • URL
  • じゅんちゃん #i5dRPET6
  • 編集

ゲッターサーガが未完となって終わったのは本当に残念(どちらにしても永遠に未完かもしれないけど)。
裏面のマイナスモールドやら後方のバーニアなど細かい箇所の工作にゲッターを信じろ!…という熱い魂が聞こえてくるような。

それに較べると今回のZは(以下略)

  • 2009年05月19日火
  • URL
  • Toshiki #kLCZl7R6
  • 編集

コメントありがとうございます

>OHjiroさん
>>これはディスプレイの勝利ですね。
こういう風にする予定はなかったんですが、EDでの3機が揃うシーンが印象的なんでこうなりました。
ただ、真鍮線を膨大に使用したので・・・・
貧乏モデラーには少し痛い出費になりました。

>>これの親キットのゲットマシンも候補だったんですけど
コクピットも再現してるんで、積まずに作ってください(笑

>真キムさん
>>凄く「ゲッター」を愛していると感じました。
漫画版だったら、間違いなくマジンガーシリーズよりは上だと思います。
中学時代、古本屋で立読みしてて『「ゲッターロボ」はこんなに面白い作品だったのか!』と、驚いたものです。

>じゅんちゃんさん
>>先日、永井豪記念館に行ってきたばかりなので
ああ、いいなぁー私も行ってみたいです。
ですが、親子連れで「ハレンチ学園」「まぼろしパンティ」「オモライくん」を拝見する家族とかいるのかな^^;

>>永井豪のメカって、何とも言えない魅力がありますよねぇ・・・
20~30代の永井先生&ダイナミックプロは凄いですよね。
私は「グレンダイザー」の円盤獣と「グロイザーX」の空爆ロボが好きです。
強引に変形するから(笑

>Toshikiさん
>>裏面のマイナスモールドやら後方のバーニアなど細かい箇所の工作にゲッターを信じろ!…という熱い魂が聞こえてくるような。
バーニアの襟?の部分のヒケが凄くて、整形に苦労したのですが、写真では全然判りません(^^;

>>それに較べると今回のZは(以下略)
原作で永井氏が手がけたマジンガーは全部登場するそうですが、未完が多いのに大丈夫なんでしょうかね。
個人的には『ケケケケケケ~』と奇声を発しながら影の薄いピグマン子爵が「バイオレンスジャック:鉄の城編」のジム・マジンガーに変更されたのが、ちょっと許せないです(笑

という訳ではないですが、次回は「マジンガーZ」です。

  • 2009年06月21日日
  • URL
  • メロウリンク #-
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト ネットキャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。