ロープラ!

LOW PRICE PLASTIC MODEL COMPETITION 300円未満低価格プラモ限定コンペ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーロボ2号     てんぐどー

たのしい組立モデル スーパーロボ2号
まずはパッケージから。
roboB001.jpg



いきなりですが、当時価格がわかりません。それどころかメーカーも
どこかわかりません。パッケージに一切書いてない。
加えて言えば発売時期がいつごろかもわかりません。
パッケージイラストは60年代末の戦記ものブームの頃かもしれないし
それより後かもしれない。
これと同じイラストで「スーパーロボ2号」の文字がレタリングのものも
あるし、さらにはこんなのもあるのでまったくその詳細が掴めない。
結構長く作られていたのかな。
自分がこれを始めて入手したのは9歳か10歳のころ。82~3年くらい。
お菓子屋さんが只でくれた。まさか再びこれを作る日が来ようとは。


パーツ構成と組んでみたところ。
20070415115905.jpg

20070415115917.jpg



イラストに・・・・・・・・似てねえええええええええええええええええ!
まあいいや。そのまま素組みでGoGo!

20070415115814.jpg

20070415115824.jpg

20070415115837.jpg


可動個所は肩・首・モモ・膝であるが、久しぶりにエナメルクラックを
やらかしたので安全のため、モモと膝は固定。
塗装はラッカー筆塗り。エナメルで墨・汚しとコピックの色味調整、
エナメルのドライブラシのフルコース。



さていざ塗装、て段になって頭のローターがないことに気づく(またか)。
なのでかわりのパーツをあてがった。
20070415115854.jpg



ドイツの威信に大打撃。
もしのちのち見つかったらそいつが替わりに戻されるので2重に屈辱。



大きさ参考。
携帯電話のカメラのほうが実物に近い雰囲気で撮れるなあ。ぼけるけど。
カメラ新しくしたほうがいいかしら。
070415_0805~002.jpg



問題はカメラじゃねえ!とも言うが

パッケ絵と・・

似てない・・・っていうか「別モン」っすよ。(イヤ、製造メーカーさんに対してで・・)
いきなり失礼しました。
しかしよく残ってましたね(あるいは再入手?)
毎度の「味」のある仕上げは流石です。
あとコメント・・・最高です。
楽しませて頂きました!!「ロープラ(¥300円未満)」って結構あるんすね

  • 2007年04月15日日
  • URL
  • 真キム #-
  • 編集

ロープラ開催、メンテお疲れ様です。

いやぁいいポンコツ具合ですね(笑)

今日は休日出勤で仕事していたんですが、画像見て笑いが我慢できなくて、同僚に白い目で見られてしまいました(笑)いつもの仕上げもいい味を加速させています。

パッケ絵をみてひと笑いした後、フタを開けるともっと凄いのが出てくるという(笑)

ザ・ロープラですね。

  • 2007年04月16日月
  • URL
  • OHjiro #YE/cyxYk
  • 編集

いやこれ…似てねぇ!なんてもんじゃないでしょ(笑)
完成写真で爆笑してしまいましたよ。
かろうじて脚の部分だけパッケ絵の雰囲気が残ってるというか。
むしろこれを塗装参考図(パッケ絵)の通りに組み立てる
てんぐどー氏の力量に脱帽です。お疲れ様でした

  • 2007年04月16日月
  • URL
  • yaji #eODBluyE
  • 編集

ロープラの真骨頂

こんばんは てんぐどー(無)さま。

箱絵はダイアポロンかメカンダーロボに似てる?と思いましたが…中身別物!かろうじて太腿の辺りが似てるかな?
これぞロープラの真骨頂ですね!?
ひょっとして、このプラモがあったからロープラ開催に踏み切ったとか?

  • 2007年04月16日月
  • URL
  • こまちゃん #-
  • 編集

爆!

僕もかなりこのテのプラモ道に精通した部類の人間だと思う
のだが、これは知らなかったなぁ・・・
デザインはモロ昭和のロボット像でノスタルジーな感じで
イイですな。
それにしてもいったいどうやって入手したんだ???(W

塗装がリアルでよいなぁ~
スクラップ工場の片隅に何年も雨ざらしで置かれてた・・・
そんな感じ。
こういった重みのある塗装表現は兄貴にしかできないッス。
あやかりたい・・・

しかし、箱絵は見るからに戦闘用。
これを期待して買った人は、作ったあと脱力したんだろう
なぁ~と考えるととても楽しくなるね(W

  • 2007年04月20日金
  • URL
  • もぐタン #-
  • 編集

反則だよね

ネット広しと言えども他では見れないアイテムですよね。
てんぐどーさんの作風と相まって妙にカッコイイ。
70年代~80年代て箱絵とは似ても似つかないチープキット
がかなり発売されていたので、まだまだ埋もれているアイテムがあるんじゃないかな?

皆様コメント感謝。
わかっている限りでは6種類はあると思われるシリーズ。
ロボ1~3号、UFOロボ、乗り物2種。
自分はこれしかもってませんけど。

初入手は本文のとおり。再入手はいつだったかな・・・・。
つい最近。ロープラ!をやることを決めたあとだったかもしれません。
ネットオークション。
基本的にこの手のアイテムはカテゴリ「その他」とつくところから
さがすといいっすよ。
あとこの手のものは「しっているかどうか」というより
「出会ったかどうか」だと思います。
有象無象の世界ですよね。メーカー名ないし。

仕上げに関しては筆塗りの斑やはみ出しをどう昇華させるかを
考えているんでこういう芸風になってきました。
でもお腹や股間はもうちょっとぼかすくらいのほうがいいっすね。


当時の子供だった自分も脱力したさ!確かに!
でもだからこそ記憶の片隅に残りつづけたんすよね。

兄者は全く記憶にないって。うそーん?

  • 2007年04月21日土
  • URL
  • てんぐどー #-
  • 編集

なんか、てんぐどーさんてば珍しいブツ
いっぱいもってますよね~

さて味のあるキットを、ちとドイツの威信を傷つけながらも(笑)
いつもの味のある造り方されて・・・いいっすね^^

こーゆーコンペで着目されなければ、あるいは一般の人から見れば「価値のないモノ」に命を吹き込まれたよーな気がするっす
一般的な価値って、ウチらにはあんまり関係ないですけど^^

あ、コンペの主催おつかれさまでしたっ^^/

  • 2007年04月22日日
  • URL
  • じゅんちゃん #-
  • 編集

てんぐどーさん、アンタ卑怯だよ(w

こりゃぁ他では見れませんね、まさにザ・ロープラ・オブ・ロープラ。
他にもいっぱい、コノテのモノお持ちなんでしょう?

第2回がいまから楽しみです。

このキットを持ってるコトとか作ったコトに関する私の感想が噴きとんでしまうようなインパクトがありました(^^)

あ~、てんぐどーさんはロープラでこういうのがやりたかったのかなー。
自分で作る機会を求めたンだ…。

みたいな感想が湧き上がってきてます。

それでも、てんぐどーさんがこのキットを製作中になんらかの葛藤を感じつつも、それに勝る優越感というか義務感というか使命というか…、そんなものを抱きつつ完成させ、そして今、満足感に浸っているに違いない!と感じています。

まだ全作品を見たわけではありませんが、このコンペに参加なさった方ってみんなそうなんでしょうね。

懐コンも同じようなスタンスで存在していますが、このキットはまさにロープラの為のようなキットですね。

  • 2007年06月06日水
  • URL
  • ばっち #mQop/nM.
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト ネットキャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。