ロープラ!

LOW PRICE PLASTIC MODEL COMPETITION 300円未満低価格プラモ限定コンペ

ヤクトティーガー   kongdra

jt01.jpg

jt02.jpg

jt03.jpg



Fujimi 1/76ヤクトティーガー


キット:フジミ模型1/76 ワールドアーマーシリーズ 
ドイツ重駆逐戦車ヤクトティーガー

初版製造年:1970年代

当時価格:250円

 今回は第二次大戦末期のドイツ駆逐戦車「ヤクトティーガー」を製作してみました。
低価格で小スケールながら、結構リアルな軍用車両を再現できるフジミの1/76ワールドアーマーシリーズは、ハセガワの1/72ミニボックスシリーズと並ぶ低価格陸ものプラモの代表シリーズといえるでしょう。このシリーズは、小型車両から重戦車まで、同じ大きさの箱で、同価格で販売されているため、内容にボリュームのあるキングタイガーやヤクトティーガー、エレファントなどのドイツ重戦車はお買い得感の高いアイテムでした。

 強力な128ミリ砲を搭載するために実車では延長されている車体は、足回り(転輪とキャタピラ)をキングタイガーと共通のパーツにしたためか、車体の全長がキングタイガーと同じ長さになっています。またワイヤーロープなどの車外装備品のパーツが省略されていて、実車を完全に再現しているとはいえませんが第二次大戦最強の”怪物”を、シンプルなパーツ割のロープラで手軽に再現してみようと思い、大掛かりな改造は行わずキットのパーツのみで組み立ててみました。
 工作で押えておくポイントは:

○128ミリ砲の砲口をドリルで開口。

○キャタピラに噛み合う部分に当たる、起動輪の歯を切り落とします。(シリーズ初期の、ドイツやソビエトの重戦車の起動輪は、そのままでは付属のポリキャタとうまく噛み合いません)

○キャタピラはつなげてから転輪にはめ込まず、転輪に巻きつけてからポリ樹脂を接着できる接着剤で連結させます。今回はボンドGPクリアを使用。

といった所でしょう。
 ナンバー類はキット付属のデカールです。車体全体はタミヤアクリルのダークイエローの筆塗りで塗装し、キャタピラはタミヤアクリルのNATOブラックです。
ウェザリングは、茶色の水性筆ペンと水でスミ入れとウオッシングをしたあとタミヤエナメルのダークイエロー+スカイグレイでドライブラシ。車体の立体感を重視した塗装をしてみました。

初めまして

お疲れ様です。
フジミのワールドアーマーシリーズ私も以前三突Dを持ってましたが、悪い癖(笑)で切り刻んでしまい(爆)結局物に成りませんでした(涙)矢張り素直に作りさっと塗ったほうがいい感じですよねぇ~作品は良く纏まった感じが致します。

  • 2008年05月11日日
  • URL
  • 岩蝙蝠 #-
  • 編集

お初です^^

高校生の頃このシリーズはよくつくりました^^
素材をとても生かして作成されていると思います
このサイズの懐かしキットは、どーしても履帯のモールドや接合部のアラが目立っちゃいますけど
サイドスカートがある車種は隠れていいですよね♪

  • 2008年05月11日日
  • URL
  • じゅんちゃん #i5dRPET6
  • 編集

お初になりますか?

私の中では『AFVをしっかり創れる方が一番モデルスキルがある』って定義なんですが、
それを体現しているかのようなデキです。
とても小スケールには見えない手の入れ方はお見事です。

  • 2008年05月12日月
  • URL
  • Toshiki #kLCZl7R6
  • 編集

スケールキットを作られる方と、自分のようにキャラ模型専門では、技術力に差があるのかなぁ。キャラ専門であることを言い訳にはしたくないけれど、やっぱり上手いです。

上手い模型は、スケールがわからなくなりますね。これが1/76とはとても思えない。凄いです。

  • 2008年05月12日月
  • URL
  • OHjiro #YE/cyxYk
  • 編集

皆様お初です。

このようなミニスケ戦車にお付き合いいただきまして、皆さんありがとうございます。

○岩蝙蝠さん:
完全再現を目指すといつの間にか泥沼、ていうのがスケールものの定番パターンですからね。実在の車両といってもある意味キャラクターですから、メーカーごとの捕らえ方を素直に味わうのが楽しみだと思います。

○じゅんちゃんさん:
今見ると製品のアラの目立ちは時代を感じますが、懐かしものの作成はそこをどうアレンジするかが楽しみのひとつです。

○Toshikさん:
成る程。今なお作例の多いミニスケールAFVを”ロープラ”のコンセプトでどう体現したらいいのかを、締め切りぎりぎりまで考えながら作成していましたから、意外なコメントでした。今回はキットのパーツのみで実車イメージの再現を目指してみました。そこが当りだったのでしょうか。

○OHjiroさん:
今回の工程はそんなに多くはないですよ。ロープラを意識していましたから。作る人の”想い”が作品に強く込められているからなのでしょうか。

ミニスケの陸ものは、今でも楽しめる元(?)”ロープラ”ですので多くの方にもっと楽しんでほしいと思います。ロープラコンペ、これからも期待しています。

  • 2008年05月13日火
  • URL
  • kongdra #-
  • 編集

はじめまして

私は戦車は詳しくないのですが、ミニスケールであることを感じさせない素敵な仕上げですね。沢山並んでいるところを見たくなりました。

  • 2008年05月17日土
  • URL
  • 政府開発援助 #LCCNbXwA
  • 編集

お初です。

此方への作品へのコメント有難う御座いました。
在庫で同スケール同社の「シャーマン」があったと思います(何かの改造用に購入したつもりです)
元は(初版は)ロープラ対応(?)の価格だったんでしょうかね?

ツボを押さえた改修に重厚感のある塗装・・
作品及び解説に戦車への愛が感じられます。

  • 2008年05月25日日
  • URL
  • 真キム #-
  • 編集

はじめまして。

私の模型復帰の時が後期NITTOのキングタイガー発売の頃で、連結ジオラマや単品を作り倒していました。
作例のヤクトも現役で残ってますが流石に時代を感じます。
1/76のキットはいまだにストックが在りますがその殆どがキャタピラの劣化で触るだけで粉々状態。作るならフジミのを買いなおした方が無難ですかね?

ロープラではAFVは貴重なので今後も頑張ってください。

  • 2008年05月25日日
  • URL
  • みやこ #-
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
アフィリエイト ネットキャッシング