ロープラ!

LOW PRICE PLASTIC MODEL COMPETITION 300円未満低価格プラモ限定コンペ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワードスーツ   岩蝙蝠

2008_0505ロープラ用画像0013

2008_0505ロープラ用画像0014

2008_0505ロープラ用画像0016

2008_0505ロープラ用画像0017

2008_0505ロープラ用画像0018



リアルタイプ・パワードスーツ

<商品>
ニットー製でタカラがシリーズ展開していたダイアクロンシリーズのリアルタイプ・パワードスーツのBモデルの密林戦専用装甲強化服だそうです、当時100円です。

<時代背景>
例の18mもあるのにスーツ=服を名乗っていた(笑)アニメロボットのインスピレーションがSF小説に出てくるパワードスーツなるものだと分かると俄かに80年代中盤から後半にかけてアニメ及び市販模型にまたは漫画にと猫も杓子も強化服ブームが吹き荒れまして増してやダイアクロンのコンセプトはこのブームのオリジンでもあるスタジオぬえともなるとニットーにも力が入ります!確かこの100円タイプのほかに300円の奴も存在してたと思います。何れも3タイプあって其々密林・砂漠・冬季使用があって全部そろえると9パターンになります。


<製作>
もう20数年前の作りかけ(爆)がでてきたので、中学生の自分から引き継いで製作します。まず成るべく箱絵に近くしょうとカラーリングは近い配色にしました。
また間延びした平面にはディテールアップパーツで密に成る様に貼り付けてみました。そのほか基本的に素組みです。

<最後に>
このようなコンペを開催して頂いた、てんぐどー様に感謝いたします。機会があればまた参加してみたいものです。何せ在庫が豊富なもので・・・・


2008_0505ロープラ用画像0015

__iso-2022-jp_B_MjAwOF8wNDIwGyRCJVYlbSUwTVEyaEF8GyhCMDAwMS5KUEc___.jpg

うっわー!

写真を見て思い出しました!作ったことありますよ、しかも結構気に入ってた!

こういう埋もれてしまった記憶を掘り起こしてくれるのも当コンペの意義ですよねぇ~、いいもの見させていただきました、しかもちゃんと作ってるし♪

懐かしい!

自分もつくりましたよ、しかも相当な数。
なんともいえない魅力があるシリーズでしたね。
当時ってこういう100円プラモにもデカールとか付いて
ませんでしたっけ?
どうやったらかっこよくなるか考えながらつくるのが楽し
かったのを思い出しました。
このコンペはこういうのがたまらないですね。最高です!

有り難う御座います。

>hy5000様へ
コメント有り難う御座います。
私もこのコンペは記憶の掘り起こしに意義があると思います。

>GACK様へ
コメント有り難う御座います。
当時は例のアニメに端を発したプラモブームの中に「~リアルタイプ」が流行って緑か茶の成型色でデカールが入ってどの値段のロボットでもリメイクされましたよねぇ~

  • 2008年05月13日火
  • URL
  • 岩蝙蝠 #-
  • 編集

はじめまして

結構模型に詳しいと思っていましたが、この模型は初見、まだまだ修行が足りないようです。こういう格納型のオモチャ、最近は見かけなくなりましたね。画像からも楽しさが伝わってくるようです。

  • 2008年05月17日土
  • URL
  • 政府開発援助 #LCCNbXwA
  • 編集

こ、これはまた・・

レアモノが・・・

¥300円の奴は当時模型屋で横目で見てましたが・・
¥100円タイプのモノは知りませんでした。

きちんとした完成品が拝めて幸せです。

  • 2008年05月19日月
  • URL
  • 真キム #-
  • 編集

有り難う御座います

>政府開発援助様へ
コメント有り難う御座います。
そうですねぇ~今の模型事情はどちらかと言うとガンプラを含めターゲットは大人用ですからねぇ~

>真キム様へ
お久しぶりです。
何時ぞやのコンペではコメント有り難う御座いました。
数十年ぶり(笑)に在庫がはけてホットしてます。

  • 2008年05月20日火
  • URL
  • 岩蝙蝠 #-
  • 編集

お疲れ様でした。

これは珍しいキットをお持ちですね。ダイアクロンは、タカラのミクロマンの敵でしたっけ?あれはアクロイヤーか。記憶があやふや(笑)

当時は何でもかんでも「パワードスーツ」「リアルタイプ」の面白い時代でした。しかも密林タイプってのはさらにつっこんで設定していますね。面白い。内蔵のフィギュアが良い味出してます。

  • 2008年05月23日金
  • URL
  • OHjiro #YE/cyxYk
  • 編集

味があっていいですね。

家にはこのシリーズの300円の物が在りますが、○○戦専用とか当時流行の肩書きがされていますが、基本は3種類で成形色変えだったのにはがっかりしましたが。

ダイアクロンの基本デザインはスタジオぬえ(中盤から河森正治氏がメイン)でしたがかなりタカラ側でアレンジされて別物になっていました。

パワードスーツと言うだけで手放しで良いものて感じですが、ミニキットと思わせない丁重な工作でタミヤセメントとの対比が無ければそんなに小さいとは思いませんよ。

  • 2008年05月24日土
  • URL
  • みやこ #-
  • 編集

お会いできるとは…

21世紀になって日東のダイアクロンシリーズにまた出合えるなんて…。やっぱり低価格プラモは侮れませんね。実は、約二十年前の小学館学習雑誌で日東のパワードスーツの特集があったんです。パワードスーツの改造記事が紹介されていて、当時の少年たちが”リアルタイプ”という言葉に本当にワクワクしていたことを久しぶりに思い出しました。感無量です。プラモが導く魅惑の世界を今の少年たちにも知ってほしいと言いたくなります。

  • 2008年05月25日日
  • URL
  • kongdra #-
  • 編集

有り難う御座います。

>OHjiro様へ
お久しぶりです。
各タイプは只の色分けって言う・・・いい時代でした(笑)

>みやこ様へ
お久しぶりです。
是非とも其の三百円のタイプにお目にかかりたいものです。

>kongdra様へ
初めまして。
そうですねぇ~昔はあっちこっちの雑誌でアニメモデルの改造例がありましたねぇ~マァ出来の方は一部を除いてアレ(笑)でしたが・・・・何れにせよプラモデルにとって一つの良い時代だった気がします。

  • 2008年05月25日日
  • URL
  • 岩蝙蝠 #-
  • 編集

うひょっ♪

このキット、存在自体知りませんでしたが
「時代背景」をはじめ、製作文も楽しく拝読させていただきました
もちろん丁寧な製作、当時を知る大人になった男の子の楽しみ方
しかと見せていただきました♪
う~ん・・・ロープラってやっぱりいい企画ですね~♪

  • 2008年05月26日月
  • URL
  • じゅんちゃん #-
  • 編集

有り難う御座います

>じゅんちゃん様へ
私もこのロープラという企画は今後とも続けてもらいたいと思います。

  • 2008年05月29日木
  • URL
  • 岩蝙蝠 #-
  • 編集

このシリーズの300円のほうは自分も持っているんだけど
100円のほうはなかなか手に入らない。

ニットーのミクロマン・ダィアクロンのキットはそれぞれに
100~200円と300円以上の値段・サイズ違いのあるものが
あってパワードスーツもそれに当るんだけど・・・全然違いますね。

300円のほうは隊員つかないし、乗らないんで。タカラのダイアクロン
のコンセプトである1/72スケールでもない。
100円のほうは1/72スケールくらいなのでしょうか?

ガンダム以降の商品スタイルになっているようだけど、コドモ心には、
あるいはオトナでもビリビリくる「SF」なデザインですよね。

  • 2008年06月02日月
  • URL
  • てんぐどー #-
  • 編集

有り難う御座います

>てんぐどー様へ
そうですねぇ~スケール(?)は大体1/72位ですかねぇ~確かに最近はオリジナルというかアニメ又はゲーム媒体以外から発信されるプラモデルが無いような気がします。自分(模型・玩具会社)達が発案しても「売れる或いは受ける」という確信(又は自信)がないのでしょう、それは会社の規模が大きい程傾向が強い様に感じます。ですからこのシリーズはとても貴重だと思いますね。

  • 2008年06月03日火
  • URL
  • 岩蝙蝠 #-
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト ネットキャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。