ロープラ!

LOW PRICE PLASTIC MODEL COMPETITION 300円未満低価格プラモ限定コンペ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイボーグジュダ   P,Nみやこ

cyborg-juda-8.jpg


cyborg-juda-6.jpg

cyborg-juda-7.jpg

cyborg-juda-5.jpg


■サイボーグジュダ

■メーカー:NITTO((株)日東科学) NONスケール
1982年後半から1983年前半頃発売。 定価:100円

《登場作品》
円谷プロ製作の特撮ヒーロー『ウルトラ超伝説 アンドロ超戦士』
当時、雑誌等には新番組の告知が掲載されていたが、
関東ローカルのみ(関西では放送されていなった)だった
ので、実際に映像を観ていないので詳しい内容は不明。

パッケージ側面のストーリーや広告内容から
『全宇宙の平和を乱すクア帝国の野望が始まり、まずは
地球攻略計画を開始。クア帝国の首領クアは怪獣を
操って次々と地球に送り込んできた。そこに立ちはだ
かったのはアンドロ超戦士達。コスモテクターと呼ばれる
強化服を着たアンドロメロス、ウルフ、マルスは地球を
守る為に怪獣と戦う・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
てストーリーだそうで、広告では、メロスは実はウルトラマン
ゾフィーだったとか書かれてますがウルトラシリーズと直接
関係あるのかな?
サイボーグジュダはクア帝国の幹部だったそうです。

■製作
このキットはてんぐどーさんから頂いた物で、いつかはお礼も
兼ねて完成させてるつもりでしたが、なかなか手を付ける間
がなくて今回漸く完成させる事が出来ました。

キットはNITTOから『ウルトラ超戦士』シリーズが商品化。
定価は100円で全9種類が発売されていました。
(他にもDX版的な300円等も数点販売)
同時期に1/144ダグラムやクラッシャージョウの100円。200円
のシリーズを展開していたのでどうしても出来は見劣りして
しまいますが、当時は手彫りで金型を作っていた為に怪獣や
フィギュアみたいな図面で形状が追えないものはプラキットに
向いていないジャンルでしたから致し方ないでしょう。
パーツ点数は18点と至ってシンプルな構成ですが、100円
キットとしては頑張ったアイテムではないでしょうかね?

製作は、細かく書いても余り意味を果たさないアイテムでしょうから
キットの完成見本と比べてください。
基本的に、本編を見て無いので資料はBOXアートのみですので、
とりあえず、極力キットのパーツは活かし、着ぐるみ的なバランスに
なる様に修正。(アニメ的な足長小顔体形はさけて)
剣はキットに付属しないので、時間ので適当な作りだけど新造。

cyborg-juda-box.jpg

cyborg-juda-9.jpg

cyborg-juda-10.jpg

juda.jpg

すごいです・・・

ご無沙汰しております

完成画像だけ拝見すると
とても元が100円の、こーゆーキットだとは想像できないですねぇ
サイズもとても大きなモノに見えます
素直にすごいなぁと思いました^^

  • 2009年05月13日水
  • URL
  • じゅんちゃん #i5dRPET6
  • 編集

恩返しですから。

>こーゆーキットだとは
100円キットゆえ過大な期待はしない方が良いけど、
磨けば光る&痒い所に手が届く微妙アイテムに出会える
のがロープライスキットの醍醐味ですね。

>サイズもとても大きなモノ
8㎝あるかないかですが、ポーズ次第でチープさが軽減
できる物ですよ(人型限定ですが)
それに、当時も含めて、全塗装される事が少ない100円
キットは成形色のままで完結している事が多かったので
全塗装さえすれば見栄えがするものが結構在ります。
ガンプラに例えるならファーストシリーズでも足を八の字
に開くだけでもカッコ良くなる方程式と同じですね。

  • 2009年05月14日木
  • URL
  • P,Nみやこ #-
  • 編集

この手のメーカーオリジナルなSF系低価格キットはある意味「ロープラ」の王道なのでしょうが、それを次々と繰り出してこられるみやこさんはやっぱりスゴイです。

余談ですが、コロコロコミックを知る世代としてはメロスは内山まもる版しか考えられません...

  • 2009年05月23日土
  • URL
  • 政府開発援助 #LCCNbXwA
  • 編集

多分この企画のベースとなっているのは内山まもるの長編版「ザ・ウルトラマン」だと思います。
アンドロ(メダ星雲支部隊長)メロスが鎧をきていること、その鎧を一時的にゾフィが着ていること、そしてこのジュダとジャッカルがよく似ていることなどなど。共通点がいっぱいです。
また当時はウルトラマン関連は小学館(てれびくん・コロコロコミック・学年誌)が独占していて、その系統で作った怪獣ブームだから協力関係にあったんじゃないでしょうか。
面白いのはこっち版のアンドロメロスのコミカライズにその内山まもる「も」参加していることですね。
だからきっとパクリとかじゃないのでしょう。

んでこのキット。
某模型店の倉庫から出土したのを買い占め提供したわけですが、こんなに立派になって帰ってくるとは。
時代の徒花みたいに扱われる作品だっただけにきっと関係者一同喜んでいる物と信じたい。

ああ、自分は世代的にはビンゴです。
が、関東ローカル番組なんで未見ですし、内山元ネタ版の呪縛のほうが大きかったのですけれども。
どちらかというと雑誌展開時のマルス登場前までのほうが面白かったなあという印象です。

  • 2009年05月31日日
  • URL
  • てんぐどー #-
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト ネットキャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。